初めて妊娠した方のための知恵袋

日本の会社は本当に残業が長いですよね。9時に退社っていうところはいくらでもあります。海外ならば家族を大事にする文化があるため、基本的に定時上がりです。

 

残業が長いことのデメリットは疲れてしまうことに尽きます。どんなに仕事のできる人でも長時間労働を強いられると疲労困憊してしまいます。

 

自分は前職が残業が当たり前の会社に勤めていましたが、今は定時で上がれるので満足しています。定時で帰ることが基本なので仕事もテキパキとすすめられるので無駄がほとんどありません。

 

仕事が早く終わるようになってからは自分の趣味に時間を使えるようになったので、街に出かけて楽しんでいます。

 

趣味に没頭することでストレス発散につながるので疲れにくい体を作ることにも役立っているので助かっています。
最近は体づくりのためににんにくを食べるようになりました。最初は食べることに抵抗感がありましたが、どんどん活力が高まってきているので毎日欠かせなくなっています。
すぐ疲れる

続きを読む≫ 2017/02/07 00:15:07

痩せているということは、太っている方からするとうらやましい存在ですが中には痩せていることをコンプレックスに思っている方もいます。意外かもしれませんが、これは本当のことです。
痩せていることのデメリットとしては脂肪が少ないのでなんだか不健康そうに見えたり、冷え性気味になってしまうことです。
もう一つはふくよかな方がいいという方もいます。

 

顔がものすごく痩せている人がニコッと笑うと顔の骨がはっきりと見えてしまうので、その分法令線ができやすくなるという問題もあります。

 

あるデータによるとやせすぎの人は長生きしにくいという傾向もあるようなので、痩せていることのメリットはあまりないように思えてきます。

 

太るならたっぷり食べよう

痩せている状態から脱出するためには食事量を大幅に増やすことが大切です。ただし、今まで食事量が少なかった方は胃が小さくなっているので徐々に食事量を増やしていったほうが胃にあまり負担をかけずに済みますよ。

 

ダイエットをして痩せるのに時間がかかるように、太るのにも時間がかかるので長期的に取り組みが欠かせません。
太る方法

 

 

 

続きを読む≫ 2017/02/01 00:15:01

このページでは妊娠したら購入しておいた方が良いものについてご紹介します。

 

マタニティインナー

妊娠中は普通の下着では締め付け感を感じてしまうのでゆったりとしたマタニティインナーを利用しましょう。伸縮性に優れているので、お腹が大きくなってもゆるやかに伸びます。

 

マルチビタミンのサプリ

胎児を育てるためにはバランスの摂れた食事が欠かせませんが、毎日行うのは結構難しいものです。妊娠中には体調不良になる時もあるので、そういう時にはマルチビタミンのサプリで栄養を補給しましょう。

 

プレママ雑誌

妊婦向けの雑誌はぜひ読んでおきましょう。妊婦さんのよくある悩みや妊娠生活でどういったことをやっていけばいいのかが詳しく紹介されているからです。

 

妊娠線予防クリーム

妊娠線予防クリーム必須品といっても過言ではありません。お腹の大きくなっていく妊娠中にはクリームで保湿力を保つことが不可欠です。e-妊娠線クリーム.xyzというサイトでは使いやすい妊娠線クリームをご紹介されているので、ここでピッタリのものを探してみましょう。
妊娠線予防クリーム

続きを読む≫ 2017/01/29 13:04:29

妊娠中に便秘症になったら早めに解消しておいた方がいいですよ。私はそのうち自然と治るだろうと楽観的に過ごしていましたが、ある日腹痛が長時間続くことになったので非常に苦しみました。

 

老廃物は体の中にため込んだままにしておくと、不健康ですし赤ちゃんに栄養を送りにくくなるとも言われているためデメリットしかないのです。

 

妊娠期間が長くなるほどに腸の圧迫が強くなるので、便秘の腹痛は余計につらいです。便秘を解消しておくなら、やっぱり食物繊維をたくさん摂取するのが一番効果がありました。食物繊維は腸の動きを良くしてくれるので、腸に溜まった老廃物をスムーズに排出してくれます。

便秘解消には蒟蒻ゼリー

野菜を食べようとしてももしかして、つわりのせいで一部の野菜しか食べれないなんてこともあるかもしれません。そういう時には、蒟蒻畑のゼリーを食べることをおすすめしますよ。

 

蒟蒻ゼリーには難消化性デキストリンという消化されにくい成分が入っているのでこれが食物繊維の働きを担ってくれます。
便秘を解消するためにはウォーキングをして腸の動きを促すこともいいのですが、妊娠中は控えておきべきです。

 

妊娠中便秘

続きを読む≫ 2017/01/15 21:36:15

普段からアロマセラピーをされている方には、「妊娠中にもアロマをしても大丈夫なの?」と思われる方が多くいらっしゃいます。実際のところ、アロマの中には妊娠中にはあまり良くないタイプがあるので注意が必要です。

 

タイム、グローブ、オレガノといったアロマは子宮の収縮作用があるものがあるので、もしも妊娠中に使用されているならばしばらく控えておくことです。

 

アロマはつわりの辛さを和らげる

妊娠中はアロマでリフレッシュ

ただしアロマにはリラックス作作用があるのでつわりで精神的にリフレッシュしたいときには効果的です。つわりの時には嗅覚が敏感になっているので、あまりきつく感じずほのかな香りがするアロマがおすすめですよ。

 

アロマの嗅ぎ方としてはハンカチに1,2滴程度たらして、すーっと嗅ぐのがおすすめ。

 

産院にアロマはもちこむことができるのか?

産院によってはアロマのビンを持ち込むことができないところがあります。そのため、事前に産院に持ち込みができるのかを確認をしておきましょう。産院にもっていくアロマとしては、ネロリが人気のようですよ。

続きを読む≫ 2016/09/18 12:52:18